『キリストの御手』と呼ばれているひまし油湿布のやり方を石河先生に教えていただいてから、自宅で自分で始めています。 少し準備がいりますが、それも含めて「自分を大切に扱う時間」と思います。 湿布をした状態で、私はヒーリング音楽をかけながら、ソファに横になります。 石河先生にビジュアライゼーションも大事と教えていただいたので、私は、キリストの御手の様に、光輝く✨手が、湿布の触れているお腹を包んでいるイメージをしていました。 そうしたら、なぜかハラハラと涙が溢れ、長い時間涙を流し続けました。ひまし油はがんや様々な病気にも効果があると言われていますが、血液の浄化だけでは無いのだと実感しています。 ひまし油湿布は、その人にとっての必要な場所に届くそうです。 「人生の中でひまし油に出会えた人は、それだけで幸運な人である」 素敵な言葉ですね。。 今回のひまし油湿布の講座は20名ですが、これからも、ひまし油がたくさんの必要な人に届きますように。 7月15日、16日に映画鑑賞会と講座を開催致します。 詳しくはこちらです↓
Workshop